工房アヤ ・高品質・ローコスト・アメリカの輸入住宅. 千葉

有限会社工房アヤ

 


シン・ローコスト省エネ住宅
1.省エネ計算

スマイルハウスの省エネ性能および「ZEH」を計算しました。
使用した計算プログラム等は以下のとおりです。
住宅省エネ性能計算ソフト(2023.11月版)YKK AP
エネルギー消費性能計算プログラム住宅版(詳細入力)(Ver3.5.0)建研
省エネ性能判定計算書(Ver2.2.0)日本ERI
(敬称略)

註1.「ZEH」
ZEHの定義は、断熱等級でのZEH/ZEH+があり、それぞれUA値(0.6/0.5)とがありますが、H31年のZEHの定義(改訂版)<戸建住宅>エネルギー量の削減率100%とするを「ZEH」とします。

2.モデルの選定・計算結果

千葉県(6地域) 木造枠組み壁工法 総2階建て 床面積120.22㎡ 外皮面積305.32㎡を標準住宅としました。
モデル0から4まで計算しました。

モデル0
BEI等
断熱等級4 2×4(単板ガラス)
UA値 0.84W/㎡K BEI=1.00 エネルギー削減率=0%
モデル1
BEI等
断熱等級6 スマイルハウス 2×4(YKK AP330)
UA値 0.46W/㎡K BEI=1.00 エネルギー削減率=37%
モデル2
BEI等
断熱等級6 スマイルハウス 2×6(YKK AP430)
UA値 0.32W/㎡K BEI=1.00 エネルギー削減率=42%
モデル3
BEI等
断熱等級7 スマイルハウス 2×6(YKKAP 430)+付加断熱
UA値 0.24W/㎡K BEI=1.00 エネルギー削減率=44%
モデル4
BEI等
断熱等級7 スマイルハウス 2×6(YKKAP 430)+付加断熱(+太陽光)
UA値 0.24W/㎡K BEI=1.00 エネルギー削減率=87%
3.モデル0とモデル1から3の比較

断熱等級4程度のお宅から、新築住宅に建て替えようとしている方のために、モデル0とモデル1~3との1次エネルギー消費量の比較を、ざっくりと計算します。

UA値 1次エネ GJ kWh 消費額(年) モデル0からの モデル1からの
削減額(年) 削減額(月) 削減額(年) 削減額(月)
モデル0 0.84 73.4 277.78 30 ¥611,672 ¥0 ¥0
モデル1 0.46 44.6 277.78 30 ¥371,670 ¥240,002 ¥20,000 ¥0 ¥0
モデル2 0.32 32.6 277.78 30 ¥271,669 ¥340,003 ¥28,334 ¥100,001 ¥8,333
モデル3 0.24 30.1 277.78 30 ¥250,835 ¥360,836 ¥30,070 ¥120,834 ¥10,070
モデル4 0.24 17.6 277.78 30 ¥146,668 ¥465,004 ¥38,750 ¥225,002 ¥18,750
売電と削減額の合計 売電額(年) 合計(年) 月額
モデル4(売電) 15.7 277.78 15 ¥65,417 ¥290,419 ¥24,202

1次エネルギー消費量はGJ(単位)で表しています。
GJ(ギガジュール)を電気量で換算しました。1GJを277.78kWhで単位変換します。
電力消費量kWhは30円/kWhとしました。以下電気料金の変化はないものとして計算します。

4.モデル0とモデル1(2×4) ⇒ 61万円から37万円 ⇒ 24万円/年お得

モデル0とモデル1(2×4) ⇒ 61万円から37万円 ⇒ 24万円/年お得

 モデル0からモデル1に建て替えた場合、エネルギー費用は、BEIでの計算では表のとおりの比較となります。
年間で61万円から37万円と24万円ほどの削減となっています。このことは弊社の建物に建て替えたことで「光熱費は半分程度になった。」という声に象徴されます。

5.モデル1(2×4)とモデル2(2×6) 37万円から27万円⇒ 10万円/年お得
モデル1(2×4)とモデル2(2×6) 37万円から27万円⇒ 10万円/年お得

モデル1(2×4)とモデル2(2×6)ではBEIの計算では37万円(年)から27万円(年)に削減できるので、年間で光熱費が10万円ほどお得ということにとなります。
モデル2にするためには、窓工事・基礎工事・木工事・断熱工事の追加が必要です。おおよそ150万円の追加費用が必要です。
150/10=15年で、モデル2(2×6)は15年ほどで、費やした追加費用が回収できます。
モデル2の住宅からあまり窓を開けなくなるようです。お客様に聞くと窓を開けないほうが快適だということです。
また、モデル1の住宅でも冬に暖房を利かせすぎると、2階寝室が暑すぎることがあるようで、モデル1でも十分な断熱性能が確保できます。

6.モデル1(2×4)とモデル3(2×6+付加断熱) 37万円から25万円 ⇒ 12万円/年お得
モデル1(2×4)とモデル3(2×6+付加断熱) 37万円から25万円 ⇒ 12万円/年お得

モデル1とモデル3(2×6+付加断熱)では37万円(年)から25万円(年)に削減できるので、年間で光熱費が12万円ほどお得です。
モデル3(+付加断熱)にするためには、基礎工事・木工事・付加断熱工事の追加がさらに必要です。おおよその追加は170万円の追加費用なので、150+170=320 新築時合計320万円の追加が必要です。
モデル3は、追加費用を回収するためには25年以上かかります。
断熱区分地域6では、付加断熱を加えて断熱等級だけ無理に上げても、1次エネルギー消費量の抑制を期待できません。

7.モデル1(2×4)とモデル4(2×6+付加断熱+太陽光) 37万円から14万円と6万円⇒29万円お得?

表からモデル1とモデル4(2×6+付加断熱+太陽光)では37万円(年)から14万円(年)に削減できています。
年間で光熱費が23万円ほどお得です。
自家消費以外は売電するすることになりますが、予定では6万ほどなので、合計で23+6=29万円となります。
モデル4にするためには、モデル3に太陽光発電と蓄電池が必要です。追加費用ははおおよそ300万円なので、新築時合計320+300=620万円の追加が必要です。
モデル2は、追加費用を回収するためには15年ほどでしたが、モデル4は620万円/29万円(年)=21.3(年)なので、21年程度で回収できることになります。
ただし モデル4は、20年を目安に太陽光と蓄電池の更新の費用が発生します。更新費用は足場費用・屋根補修費用・廃棄費用が追加となり380万円ぐらいが必要ではないかと思います。
620+380=1000万円なので、1000/29=35.7 36年目に費用回収ができ、予定通りにいけば40年目の更新までは29万円x4年=116万円がお得となる計算です。
この資金回収までの気の長さと設備機器更新の面倒くささに耐えきれず、お客様のなかで、ご自身2回目の新築住宅には、絶対太陽光は入れないといった方がいらっしゃいました。
気持ちや考え方の問題が大きいです。

8.シン・ローコスト省エネ住宅

断熱区分地域6では、シン・ローコスト省エネ住宅として断熱等級6、モデル1の2×4住宅、またはモデル2の2×6住宅で高効率な設備機器を使い、普通に生活をするほうが、最新設備等にいろいろ気を使わなくて、充分に暮らしやすいのではないかと考えてます。
住宅の費用を投資か消費かまたは趣味かをよく考えないと問題があります。
投資であれば必要な設備機器等への投資や更新が必要と考えますが、耐久消費財と考えると外壁・屋根の塗り替え、設備の交換だけ考えればよいことになり、気が楽かもしれません。
趣味であればそれは止められません。