有限会社 工房アヤ 最新HP

Customer Voice
HOME >  お客様の声  > お客様の声(2)

お客様の声

ご購入いただいたお客様から、実際にお住まいになられた際のご感想をご紹介いたします。

千葉県館山市 H・Y様

  • お客様の声
    「自分たちの思い描いていた家。」

    新居に移り3ヶ月が経とうとしています。
    これから迎える四季折々の生活はどんなに快適なことか楽しみにしております。
    今冬は、例年に比べ温暖な館山でも寒い日が続きましたが、晴れた日中はとても暖かく過ごすことが出来ました。
    これまではマンション暮らしでしたので、欧米に見られるような住宅に住みたいと漠然と思っていました。

    たまたまインターネットでローコストの輸入住宅・虹の家を見つけ、決定しました。
    数多くある住宅メーカーの中から工房アヤさんにお任せしようと決めたのは、もちろん費用の面もありましたが、やはり一番の決め手は綾田社長様をはじめ皆さんのお人柄に、誠意、優しさを感じ、安心してお任せ出来ると判断したからでした。

    着工までは、自然公園法内の土地の為生じる様々な手続き、また設計の段階ではこちらのわがままな要望にも耳を傾けてくださり実現することが出来ましたこと本当に感謝しております。
    工事中は、同じ敷地内で仮住まいをしていたので、徐々に出来上がっていく家や職人さんの作業の様子を毎日見ることが出来たことは貴重な経験となりました。

建築材料や工法など分からない事は大工さんにお聞きすることが出来ましたし(猛暑の中本当にお疲れ様でした)また、ドア、ドア枠を自分達で塗装をした際には、塗装屋さんがアドバイスして下さったお陰で素人ながらきれいに仕上げることが出来ました。

職人さんの方々にも大変感謝しております。

 

まだ入居して間もないのですが、家の手入れについて感じる事は、外壁のサイディングは白い為汚れが目立ちますが、こまめに水拭きすれば元通り、時折打ちつける雨が汚れを流してくれます。

窓はペアガラスなので外からの冷気はほとんど感じませんが、冬の間の暖房は必要ですね。マンションでの結露対策には苦労しましたが結露が発生したのは1回のみでした。

 

自分たちの思い描いていた家がようやく出来上がり、今こうしてこの文章をリビングで書き上げていることが夢のように思います。これも工房アヤ社長、スタッフの皆さんのお陰です。有り難うございました。

今後とも、末永いお付き合いをどうぞ宜しくお願い申し上げます。

2007年12月入居

千葉県野田市 T・T様

  • お客様の声
    「相談を親身になって聞いてくれました。」

    10年前にも家を建て、その時は訳も分からずだったので今回また家を建てることになり本を何冊も買ったり、色々なハウスメーカーから資料を取り寄せたり、実際に話を聞きにいったりとかかなり勉強しましたがなかなか性能に納得のいく会社にめぐりあえず、土地も良い所がみつからず諦めていた時期がありました。

    丁度その時工房アヤさんからの資料が届き、見て「ここだ!」と思いました。
    そして店舗併用住宅を建てて頂きました。
    今まで色々勉強したのでこれから一生を住むので後悔のないようにしたい。
    又店舗もあるので、何度も何度も打ち合わせをしてもらいました。にもかかわらず何時もこちらの相談を親身になって聞いてくれました。

    工事中は現場で行き違いがあったようで心配することもありましたが、かなり細かくこだわったのですがこちらで依頼したとおり作ってもらい本当にうれしかったです。

    完成後は、少し気になる点などあったのですがすぐ対応してもらい頼もしかったです。住んでみて思ったのは、

・1階にいると床の温度が実際に計ったのですがどこも15℃なので足下が冷えるということがあまり無くなりました。

 家の保温性が良いので最近は、照明はドライヤーの熱で、暖房はほとんどつけなくて大丈夫です。

・お風呂の脱衣所を、使い勝手がよく設計してもらいましたのでちょっとした収納スペースとして小物等が置け大変便利です。

 そして工房アヤさん標準の浴室の壁が掃除しやすくて良いです。前の家ではタイルの目地にカビが生えて大変でした。

・我が家は通りに面していて車の通りもまあまああるのですが、騒音がほとんど気になりません。

 向かい側には小学校もあり外にいると子供達の声などすごいのですが、家の中だと、たまにチャイムがなったかなーと、いうくらいです。

2007年12月入居

千葉県八街市 N・H様

  • お客様の声
    「マンション・建売住宅は商品であるが、注文住宅は作品である」

    家を建てるに当たり私の実感が上記の集約出来ると思います。
    無論、有る程度の規格は各工務店・住宅メーカー毎にあるので、選択の問題はあります。
    その選択は重要で、自分の考えと一致するまで妥協はすべきでは無いと考えます。

    私は最初に自分の考え方をまとめる為に、暗中模索する所から始めました。
    本屋に行けば住宅関連の本ばかり購入、かなりの専門書まで買い込んで読んでいました。
    数多くの住宅メーカー、工務店から、見積を取り、又ネットで検索し勉強しました。
    おそらく、住宅が完成するまで思考の大半を家の事で占めていたような気がします。

    私は建築建物は環境保全され,丈夫で長持ち,低コストであることを念頭にして考えました。
    具体的には有害物質が少なく、断熱防音が優れ、地震に強く、一年中快適な家となると2x4住宅が一番低価格で完成度が高いと結論致しました。
    ちなみに他社見積もりで検証しましたが、同レベルをコンクリート住宅・在来工法住宅に求めると価格が2倍以上になります。最終的に2x4住宅を施工する会社から、自分の出したデーターと内容が一番近く、理想に近い建物の提案が出来る「工房アヤ」さんを選択しました。

2×4メーカーの会社の中で工房アヤさんの提案は斬新で、明らかに他のメーカーとは異なっていました。一番の驚きは建築内容に対して価格が極めて安い事です。

他社の見積もり書と比較しても各々単価の桁が違う位の差がありました。

ではその建築内容と言えば窓は樹脂製、べた基礎の数倍の強度がある土間基礎、環境重視のドライウォールが標準対応となっています。

 

工房アヤさんは,施工会社として小さな会社です。正直な所、選択するに当たり不安もありました。

社長の綾田さん、設計・監督の春日さんの誠実な人柄と営業トークを廃した実務面からの説明を詳しくいただきました。

又今まで施工した家を拝見して、高性能な建物に驚きました。

実際に家を建て始めてから、その基礎の凄さと材木の量の多さは他社の施工中の家と比較対象の為見学したのですが、レベルの違いは明らかです。

途中で小さな変更も致しましたが、都度、快く応じて貰いました。

その対応は大手住宅メーカーでは絶対出来ないと思います。

 

新居が完成してすぐに住み始めましたが、真夏の暑い夜に2階寝室クーラー無しで過ごせます。

又窓を閉めて、庭にいる子供に大声で呼んでも聞こえません。

新居なのにケミカル臭はしないし、夏に1階の床はひんやり冷たく気持ち良いです。

内心、40年間メンテナンスフリー、築100年は可能かなと思っています。

 

限られた紙面では紹介しきれませんが、アヤさんの所で建築をお考えの方は是非当家の見学を申し出ください。

時間の許す限りご紹介させていただきます。

2007年7月入居

千葉県東金市 H様

  • お客様の声
    「安くても快適で強い家」

    がありますが、私が生活している限りで不便は感じて私がこの家に住み始めて約半年。非常に満足しています。
    住んでみてもローコストだからチャチだとかそんな事は全くなくむしろ他社の通常の家よりもお洒落で快適に生活しています。
    特に塗装壁はすっきりとした雰囲気で気に入っています。
    ただクロスの壁と比べて汚れや傷が付きやすいと思います。
    ですが、補修が簡単なので気にしていませんが。
    他にも私たちが普通の仕様だと思っているものと違う仕様がありますが、私が生活している限りで不便は感じていません。

    断熱性と強度は高いと思います。外が暑い日に家に入るとエアコンをつけていなくてもすずしく寒い日は暖かいです。当然外気と比べてなので冷暖房は必要ですが。
    先日の台風の時は、ものすごい強風でしたが、家は全く揺れませんでした。
    家の強さを身を持って感じました。安くても良い家は建ちますね。

2007年3月入居

千葉県白井市 Y・T様

  • お客様の声
    「家にいることが最大のくつろぎ」

    『自分達の家を持とうかなぁ~』という気持ちになったとき、現在ではマンションを買うか建売一戸建てを購入するのが多数派だと思います。
    私たちの場合、建売はまったく選択肢にありませんでした。
    なぜなら「車椅子生活になってもある程度、自立した生活を送れる家であること」が大切な条件で、建売住宅には上がり框が必ずあり、駐車場から居室のベッドまで自分ひとりで車椅子を使って動ける家という物件など皆無だからです。

    また住宅展示場を構えるハウスメーカーさんも選択外でした。
    巨額のTV広告費や展示場維持費なども買い手である自分が払うかと思うとバカバカしかったからです。
    良心的な地元の工務店さんにお願いするのが一番と思っていました。

    そうこうしてるうちに、何とか希望にそった土地も入手できるメドがつき、いよいよ家自体を具体化することとなりました。
    最初は「いい家がほしい」という本の影響で、ソラーサーキット(SC)工法で家を建てると決めていました。SCは普通だと坪70万円以上ですが、坪40万円台の工務店さんを見つけ喜んで相談を始めました。
    しかし、家の設計をつめていくに従って、自分達の予算では40坪に満たない家を建てるのがやっとということがわかりました。
    間取りプランもその為か、折込みチラシの間取りのようで、どこにでもあるチマチマした日本の家そのものとなってきたのです。
    せっかく家をたてるというのに、設計の段階ですでに“夢”とか“喜び”といったうきうきする気分から、‘諦め’と‘我慢’を抱えるようになっていました。

そんなとき、新聞広告で『40坪で980万円の家』という小さな広告を見つけました。

半信半疑でネットで調べてみました。SC工法で!と思っていた私でしたが、目が覚める気がしました。

良質かつ廉価で住み心地のよい家を追求した姿に感動すら覚えました。

1つの方法が絶対だ!なんてないのです。

<確かにSC工法は良いに違いないのです。お金がある人はそうすればいいのです。要するに純和風建築を選ぶのと同じ趣味の問題だと今は思っています。>

この工房AYAさんの工法は、90%以上のアメリカ・カナダで採用されている家作りの工法で、極めて合理的でコストパフォーマンスがダントツなのです。

またAYAさんが基礎から完成まで責任をもって施工されるので本当に安心です。

 

私達は、工房AYAさんの家にすることで、住宅の広さを追求できるようになりました。

通常の35坪の費用で60坪程度の家ができるのです。

ゆっくりとした居住空間を確保でき、さらに浮いた資金を家具や外構・造園に回して、住まいの快適性や潤いも確保できるようになりました。

また、壁紙やリノリウムを一切使わないので、山のようなカタログを渡されて選ぶという痛もまったくありませんでした。(もちろん外壁・屋根・床材などの選択はしました。)

 

住み始めの頃、近所の方からよく言われたことに、『お宅の大工さんたちは、本当に丁寧でシッカリした仕事をされていましたねぇ~。』とか『お宅の基礎工事はすごかったですね。どこのビルが建つのかと思うほど頑丈で。向こうの建売住宅の基礎工事は3日で終わったのに、お宅の基礎は1ヶ月もかけて頑丈に作ってましたね。』というものがありました。

 

今、我が家を訪れる人が異口同音に言われることは、まず玄関で『広いですね~。』です。

次に『おおっバリアフリーですね。』ときます。

そして『白い壁が輝いて外国の家みたいですね。』ときます。

吹き抜けなどないですが、天井が元々高いし、広く廊下や玄関がとれるので本当に広く感じます。

私たちも、旅行したいと思わなくなりました。家にいることが最大のくつろぎとなったからです。

本当に、この家にしてよかったと思っています。

また、これからも工房AYAさんと息の長いお付き合いをしていきたいと思っています。

2007年3月入居