有限会社 工房アヤ 最新HP

House of Rainbow
HOME >  コンセプト  > 快適で健康な暮らし

  • 快適な部屋

    快適な室温のお気に入りの部屋で
    ゆったりと、くつろぎの時を
    過ごせる家

    断熱性の高い家は
    外気の影響を低く抑え
    住まう人の健康を守ります

  • 断熱性能を高くする方法

    断熱材を家の外周部に充分入れる事で
    屋外の温度の影響を受けにくくします。
    ※外周部とは天井・カベ・床のことです。

  • 断熱性能の主役は窓です

    窓は枠材を樹脂にするだけで
    アルミ枠の2倍の断熱性能と
    する事が出来ます。

  • 寒い家の中の家庭内事故は
    交通事故の3倍にもなります!

 寒い家での事故の原因
   (温度差による事故)
 

       血圧の上昇
       血液の濃化
       高齢者の入浴時事故
       肺の抵抗力弱体化
       寒いと体の動きが鈍くなり転倒しやすくなる


  • 屋根や壁に比べて
    面積の少ない窓ですが
    思ったより多くの熱が
    出入りします。
    窓から熱を逃がさない
    窓から熱を侵入させない
    家の断熱性能を高くする為に
    大変重要になります。



  •           冬、屋内から窓を通して、
              逃げ出す熱は家全体の52%



  •           夏、屋外から窓を通して、
              家内に入り込む熱は、
              家全体に入り込む熱の74%


  • 虹の家の窓は樹脂窓です。
    日本の窓枠は70年近くアルミ枠が主流です。
    アルミ枠は金属で、ナベ等に使われるほど
    熱がよく伝わる素材です。その為に、アルミ枠の
    窓の断熱性能は樹脂窓枠の1/2以下となっています。
    窓を樹脂枠にする事は断熱性能を
    高くする上で重要です。


    樹脂窓の普及率
    日本での普及率は まだ7%
    アメリカは 67%
    ドイツは 60% の普及率です。
    日本頑張れ!

        樹脂枠窓の断熱性能は
        アルミ枠窓の断熱性能の2倍です